悔しいから、もっと成長できる

03 先輩メッセージ 太田おおた菜摘なつみ 企画・QCグループ

楽しそうに仕事する姿に惹かれて

 就職活動でアロエ製薬を訪れたとき、社員のみなさんが温かく迎えてくれ、仕事の魅力を熱く語ってくれたのが印象に残りました。社内の雰囲気がなごやかで、みんな楽しそうに仕事しているのを見て、働きやすそうな職場だと感じました。薬剤師として働くのが小さいころからの夢。その夢をかなえるだけでなく、この会社なら、仕事を通して自分自身も成長できそうだ思って入社を決めました。

知らないことをクリアする達成感

 行政機関への届け出書類を作成する「薬事」を担当しています。同じ薬剤師の仕事でも、薬事は、研究職や開発職、MRなどと比べたら地味な印象ですが、高度な専門知識が求められる責任の大きな仕事です。
 医薬品や医薬部外品の生産には、“GMP”などの厳しいルールがあって、生産手順や生産環境がその基準に適合しているかどうかを厳しくチェックし、行政機関などに報告することが求められています。新製品を導入するときはもちろん、既存製品の規格変更や生産手順の変更があったときにも、そのたびに検証と報告が必要となります。
 そんな重要な仕事を任されていますが、ビギナーのいまは、知識不足や経験不足を感じて悔しい思いをすることがしばしば。でも、アドバイスしてくれる先輩が身近にいて、何でも相談できるのが心強いところです。知らないこと、分からないことをひとつずつクリアしていくことに、大きな達成感と成長の手ごたえを感じています。

視野を広げてくれる環境がある

 小林製薬グループの研修では、営業同行や販売店での商品陳列、POPづくりなど、ふだん経験できないいろんな仕事を体験できました。他県のグループ企業にも、薬剤師として働く先輩や仲間がたくさんいて、そうしたひとたちとの情報交換も刺激になります。アロエ製薬は居心地のいい会社ですが、それだけに満足して「井の中の蛙」になってしまわないよう、視野を広げてくれる環境が整っているのもこの会社の魅力だと思います。